格谷義徳センター総長

医師紹介


 

センター総長 
整形外科  医学博士 (元 大阪労災病院 整形外科部長)

格谷 義徳

 かどや よしのり

膝関節治療班班長

  • 昭和58年 大阪市立大学医学部卒
  • 元大阪市立大学医学部整形外科 助教授
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本人工関節学会評議員
  • 日本関節病学会評議員
  • 中部日本整形外科災害外科学会評議員
  • 人工関節基礎研究会世話人
  • 人工膝関節フォーラム幹事

ご挨拶

本施設は膝関節、股関節専門の人工関節センターとして前大阪市立大学整形外科学教室教授の高岡邦夫先生を顧問とした体制で平成21年5月に開設して以来約、4500件以上の手術を行ってきました。
関係スタッフは全員エキスパートとしての技能を発揮し、手術中はもちろん周術期・術後の合併症も極めて少なくなっています。リハビリに関しても専属スタッフが熱意を持って指導に当たっており、手術を受けた患者さまの満足度は9割を超えています。
人工関節医療の恩恵を多くの人が受けられるようにするためには、正確な判断力を持ち、技量も確かな術者の育成が不可欠であり、本センターはそのための教育機関としての役割も果たしてきています。
このように充実した医療スタッフとともに、患者様に安全で質の高い人工関節医療を提供しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

書籍紹介

阪和人工関節センター TKAマニュアル−Basic Course

格谷 義徳(著)
メジカルビュー社/2019年